アフリカンバス

e0040591_2382968.jpgアフリカの移動手段でメインとなるのはバス。しかしこれが、きつい・汚い・臭いの3Kでなかなか辛い。

この日はバスの出発予定時刻から待たされること3時間。
ようやく乗車券の発券所が開き、人々が窓口に押し寄せる中、負けじと体をねじ込んでようやくチケットを手に入れる。

そうして乗ったバスもまた、通路やわずかなスペースに至るまで人で埋め尽くされている。
体臭、積み込まれた鶏のにおい、赤ちゃんのオムツ換えまで始まる。
隣の人と叫ぶような調子で喋り続けるおっさん。子供の泣き声。
パンク、エンスト、路上に乗客を残したまま発車。トラブルは尽きない。
それでもなんだか楽しいのは、何がおきてもポレポレ(ゆっくり、のんびり)、
慌てず怒らず笑顔のアフリカ人達のおかげだろうか。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-06-09 12:06 | Malawi  

<< カバを探しに リロングウェ >>