ヨルダン一日目、マアーンでのこと

エジプトはカイロからバスで9時間、ヌエヴァへ。
ヌエヴァから船に乗って3時間、ヨルダン南部の街アカバへ。

アカバ到着時、時刻は夜の7時。ワディ・ムーサという街へのバスを探したけれど見つからず、仕方なく手前の街マアーンまでバスに乗って移動することにした。

e0040591_3575335.jpg


マアーン到着は夜の10時。バスターミナルには、ワディ・ムーサ行きどころか、既に一台のバスも無かった。

困ったことに、手持ちのJD(ヨルダン・ディナール)が少ない。アカバからマアーンまでのバス運転手、アワッドさんに、「マアーンのホテルはいくらくらいする?」と聞くと、「5~7JD(900円~1200円)くらいかな」と言う。

・・・無理だ。

無言でバスを降りようとする私に、アワッドさんが声をかけてくれた。「ホテルへ行くのか?」「いや・・・。お金が無い。このままバス停で寝る。」と、私。
外に出る。吐く息が真っ白だ。寒い。しかし、どうしようもない。


と、アワッドさんがバスから降りてきた。

「おれは明日、客を乗せてアカバに戻る。バスはここに置いておくから、お前、バスの中でも寝られるか?」と言った。もちろん!路上で寝るよりずっとマシだ。

e0040591_4323.jpg


アワッドさんは、バス後部の座席に毛布を敷いてくれ、それからひとりでふらりと外へ出て行った。10分後、彼の手にはシュワルマ(中東風サンドイッチ)とペプシ缶が2本握られていた。

「食え。」と言う。「いくらするの?お金を払うよ。」と私が言っても、「いいから、まあ食え」と言う。

朝から何も食べていなかった。にんにく入りクリームソースの効いたチキンのシュワルマは、とても美味しかった。飲めないペプシも(わたしは炭酸飲料が飲めない)、強く勧められるので飲んだ。


結局、アワッドさんは食事代を受け取ってくれなかった。3枚のぶあつい毛布を押し付けるようにして、彼は友人宅へ泊まりに行った。わたしが居なければ、バスで寝ていたはずだ。ドアを開けて外に出る彼の背中に、「I'm sorry...」と声を掛けた。


エンジンの切られたバスの中は、冷蔵庫の中みたいに寒かった。毛布の重みが息苦しくて、なかなか眠れなかった。

眠れない頭で考えた。どうしてさっき、「sorry」じゃなく「thank you」と言わなかったんだろう。あんまり親切にされると、つい申し訳ないような気持ちになってしまう。遠慮が美徳の日本人だから?でも、親切にしてもらっておいて謝るなんて、おかしなことだ。

e0040591_404123.jpg


翌朝7時。アワッドさんの声で目を覚ました。
「ワディ・ムーサ行きのセルビス(乗り合いタクシー)を捕まえてきたよ。」

セルビスに乗って、彼に頭を下げた。「シュクラン(thank you)」と私が言うと、
アワッドさんは嬉しそうに笑ってバスへ戻っていった。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-11-30 00:49 | Jordan  

<< ぺトラ エジプト >>