素焼きのカップ

e0040591_20503052.jpgコルカタ、ハウラー駅前のチャイ(スパイス入りのミルクティー)屋。
バケツの中に、素焼きのカップがたくさん入っている。これにチャイを注いで供し、飲み終えたカップは路上に投げ捨てる。つまりは使い捨て。初めてインドを訪れたとき、なんて勿体ない!と思ったが、素焼きのカップで飲むチャイがおても美味しかったことも事実。

ところが、あれから11年。路上のチャイ屋が、この素焼きのカップの使用をやめ、次々とプラスティックのコップを使用するようになってきた。みんな以前と変わらず路上に投げ捨てるものだから、素焼きのコップと違って、それ土に返ることなく、ゴミの山となってしまう。

コルカタは、ほかの街に比べ、今も素焼きのカップを使っている店が多かった。人力車と同じように、このカップもそれと気づかないほどの緩慢さで姿を消していくのかもしれない。
作った人の指の跡が残る小さなカップに、じっと見入ってしまった。
[PR]

by tomokoy77 | 2007-01-22 20:46 | India  

<< 最初の客 明日のジョー >>