消えゆくもの

e0040591_20545626.jpge0040591_20544041.jpg
消え行く、コルカタ名物の人力車。”リクシャー”と呼ばれるそれは、日本の人力車にとてもよく似ている。
1997年、政府の取り決めによりこのリクシャーの新規ライセンス発行が停止された。営業できる道路も制限され、つまりは現在のライセンス所持者が仕事をやめるにつれ、リクシャーの数も減っていくことになる。
とはいえ、11年前と3年前と今と、サダルストリート周辺を走るリクシャーの数がそれほど減ったようには見えない。見えないけれども、確実に減少しているのだろう。
消え行くことが定められたものはなんだか悲しい。絶滅危惧種の野生動物みたい。いつかは全部消えて無くなるのだけど、そのいつかがそう遠い先でないと知ることは寂しい。
[PR]

by tomokoy77 | 2007-01-24 21:01 | India  

<< 国際電話 最初の客 >>