ババ

e0040591_0331963.jpge0040591_0342961.jpg

2月16日はシヴァラートリー。ヒンズー教の主神のひとり、シヴァ神の誕生日。聖地バラナシには、この日を祝うためたくさんのババ(行者)が集まっている。
今年はバラナシからそう遠くない町で、クンブメーラという12年に一度の祭りが開かれていた。その祭りに参加していたババが、今はバラナシに集結している。

e0040591_0364338.jpge0040591_0373653.jpg

普段はヒマラヤの奥地にこもって修行しているババも、この日のために山から下りてきていた。裸の体に灰だけ塗って、ガンジス河沿いにテントを立てて、祈り、梵をして、訪れる巡礼者を祝福しながらシヴァの誕生日を待つババがたくさんいる。

e0040591_2161482.jpge0040591_2163749.jpg

ババ達のテントを覗き込むと、手招きして迎えてくれ、静かにチャイを勧めてくれる。英語の話せるババはほとんどおらず、身振り手振りと片言のヒンドゥー語で話をする。
「どこからきたの?」とババに聞くと、「ハリドワールの奥から」という。ハリドワールは、ガンジスの源流に近い聖地だ。その奥にはヒマラヤ山脈が連なる。ババはそこで修行しているようだ。同じ人間なのに、ババとわたしは随分違う生活を送っている。

e0040591_2144256.jpge0040591_2154946.jpg

「修行して、何を見つけたいの?」「ババの家族はどうしたの?」
聞きたいことはたくさんあったけれど、言葉が通じない。ババは静かに、火鉢をかき混ぜる。わたしは黙ってチャイを飲む。視線が合うと、ババは目の端で笑う。

バラナシは明日、何万回目かシヴァの誕生日を迎える。
[PR]

by tomokoy77 | 2007-02-16 20:54 | India  

<< 帰る日 ブータン >>