神の味

カルタヘナでのお宿は、今年5月にオープンしたばかりの日本人宿「民宿か〇い」。
宿のオーナーは太郎さんと呼ばれているが、
彼の本名は"太郎"でもなければ"か〇い"でもないという、まあ、変わった宿だ。

ベッド数は5つ。
8月までの特別料金、2食付き11000ペソ(500円)で泊まっているのだけど、
太郎さんが作ってくれるご飯の、その味たるや神の味!!!

今までに食べたもの:
e0040591_655669.jpg炊き込み鶏ご飯、砂肝と野菜のオイスターソース炒め、
そうめん、ポヨ・ギサード、わかめスープ、ピザ、ポテサラ、
豚のしょうが焼き、卵スープ、しし唐とツナのスパゲティー、


e0040591_655524.jpgアジの刺身、アジのから揚げ、アジのあら煮、あじのスープ、
ドライカレーライス、日本米みたいにもちもちした白米。


食わず嫌いだった砂肝を克服した。ピザなんて、生地から手作り。
師匠、もしくはお母さんと呼ばせていただきたい。 太郎さん、ありがとう!
[PR]

by tomokoy77 | 2005-08-30 18:29 | Colombia  

<< もうひとつの旅 Volcan de Lodo ... >>