世界一のアイスクリーム屋

e0040591_4345240.jpgメリダにはアイスクリーム屋が多い。
"犬も歩けばアイスクリーム屋に当たる"状態。
(しかしメリダは標高が高く、
どう考えてもアイスクリームを食べるには寒すぎると思われる。)


e0040591_4352026.jpgメリダの数あるアイスクリーム屋のうちのひとつ
Heraderia Coromoto は、
世界一のフレーバー数でギネスブックに登録された、
まさに世界一のアイスクリーム屋だ。


e0040591_4354068.jpg壁一面を埋め尽くすフレーバーの札には『わたしの赤ちゃん』だの『ロンリープラネット』だの、どんな味なんだか想像もつかない、意味不明なフレーバー名が多い。

これまでに作り出されたフレーバー数は、およそ800種。
そのうちの50種類ほどが店頭に並んでいる。

e0040591_4355432.jpg一風変わったフレーバーだけでなく、バニラやストロベリーといった一般的なものもあり、当然そっちのほうがおいしそうに見えるのだが、それではこのアイスクリーム屋に来た意味がない。もっと、ここでしか食べられない味に挑まなければ。
そこに並ぶのは、
客の好奇心を掻き立てるフレーバーの数々。

『AJO(にんにく)』 『CARNE(牛肉)』 『ATUN(ツナ)』 『TOMATE(トマト)』

・・・迷う!
アイスクリームにするにはあまりにも無理のある素材ばかりだ。
アイスクリームの限界に挑んでいる。これでこそ世界一のアイスクリーム屋だ。
散々迷い、同行のフランス人と選んだ結果食べたものは・・・、

そのいち~。
『TREN DE MEDIA NOCHE(深夜特急)』
深夜特急味ってなんだ?意味不明だ。何の味だか想像もつかん。
映画のあれか?それとも沢木耕太郎か?沢木耕太郎はイギリスの後南米に飛んだのか?
期待に胸躍らせ一口。と、それはなんつーかただの葡萄味で、
「姉ちゃん、これ葡萄の味がするんだけど」と言うと、
「そうよ。それはワインの味よ」とあっさり言われた。
すぐ隣に『VINO(ワイン)』というフレーバーもあり、いったいそれとどう違うというのか。
なんか、しょっぱなからちょっと騙された感が漂う・・・。

気を取り直して、そのに~。
『HAMBURGUESA(ハンバーガー)』
アイスクリーム全体はピンク色で、その中にオレンジ色のつぶつぶが混ざっている。
くそう。これまた食べたらオレンジ味でした、なんてことはないだろうな、
こんどこそハンバーガー味だよな、と、少々疑心暗鬼になりつつ一口。
おええ。ハンバーガーだ。甘くて冷たいハンバーガーだ。
オレンジ色のつぶつぶは、ベーコンチップだ。まずい。とても食えたものじゃない。
期待は裏切られなかったが、あまりにもまず過ぎ、それはそれで、ちょっと悲しい・・・。

ちょっと気持ち悪くなってきたところで、そのさ~ん。
『CERVEZA(ビール)』
ビールだ!この味は紛れもなくビールだ!
ビールの飲めないわたしには向かないが、フランス北部出身の彼にはたまらない様子。
店内には、Vodka や Cuba Libre など、ほかにもリキュール・フレーバーがたくさん。
「酒は好きだけど、甘いもんはいけねえ」ってお父さんにも、
新しい世界を見せてくれること間違いなし。さすが世界一だね。

そして最後に~。
『VIAGRA LA ESPERANZA(バイアグラ)』
e0040591_436780.jpgついに、ドラッグ市場にまで手を出したか。
いくら世界一のアイスクリーム屋とはいえ、こんなことをして大丈夫か?
ベネズエラマフィアに狙われないのか?

味はといえば、小児用風邪シロップ味。
懐かしいねえ。子どものころを思い出すようだ
・・・ていうか、まずいよ。
薬味のアイスクリームなんて無理がある。

世界一のアイスクリーム屋を大いに満喫し宿へ帰る途中。
・・・気持ち悪い。それに頭ががんがんする。
この感じは、あれだ。酔っ払ったときの症状だ。まさか、ワインとビールのフレーバーで?
あの中にどれだけのアルコールが入っていたって言うんだ?くそう。下戸にもほどがある。
それともこれはもしや、・・・バイアグラの副作用か?
[PR]

by tomokoy77 | 2005-09-13 14:21 | Venezuala  

<< 注射 マクドナルド Jr. >>