カテゴリ:Kenya( 4 )

 

アフリカ 再び

マダガスカルからナイロビに戻ってきました。
久しぶりの東アフリカ。

マダガスカルはマダガスカルでとても良かったけれど、
アフリカの人たちのこの明るさは、ここにしかないものだと思う。
陽気なケニア人と話していると、アフリカに帰ってきたなあと実感します。

今回ケニアへトランジットビザ(7日間有効)で入ってしまったので、
バスで急ぎエチオピアを目指します。

エチオピアもマダガスカル同様ネット環境が整っていないようなので、
いつブログが更新できるかわかりません。
「どこなのどっとこむ」だけでも更新できればいいんだけど。

エチオピアの後はジプチ、それからイエメンに行く予定です。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-09-22 22:45 | Kenya  

ダウンタウンの車窓

e0040591_2333388.jpgウガンダからナイロビへ戻って来て数日。この後は、9日の飛行機でマダガスカルへ行き、再びナイロビへ戻ってからエチオピアに向かう予定。

この日、エチオピア国境へ向かうバス停を下見するため、派手に飾り付けられ、耳が痛いほどの大音量でヒップホップを流す市バスに乗って、ナイロビのダウンタウン郊外へ向かった。

バスが発車して5分もすると、市バスはダウンタウンの深部に入る。ひとめでスラムとわかる地区だ。バラックが並び、ごみ山の中を人が歩いている。


e0040591_230351.jpgスモークの張られたバスの車窓越しに感じる危険な雰囲気は、ニューヨークのブラックハーレムをバスで通ったときと比べ物にならない。黒人以外、また黒人であっても身なりのいい者は、決してバスから降りられない地域だ。街の中心部、ヒルトンや高層ビルが立ち並ぶ官庁街から、数キロの場所なのに。

エチオピア行きのバス停は、スラムを抜けた先にあった。エチオピア人の他にムスリムの多い地区らしく、ちょうどお祈りの時間でオフィスは閉まっていた。
帰りのバスに乗って小路を曲がったとき、車窓からは袋小路を埋める数百人のムスリムが、メッカに向かって一斉にひれ伏し、祈りを捧げる姿が見えた。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-08-04 12:55 | Kenya  

フィーフィー

e0040591_2226416.jpgナイロビの宿
New Kenya Lodge の猫、フィーフィー。

フィーフィーは雀を捕まえるのがうまい。
わたしたちの買ってきた肉を
さっと横取りするのもうまい。

さすが、アフリカの猫は違う。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-07-15 14:24 | Kenya  

ナイロビ

e0040591_22165396.jpgケニアの首都、ナイロビに着いた。
東アフリカいちの大都会。空気も治安も悪い。

大通りを走る、ぴかぴかの日本車、ドイツ車。
町には物が溢れている。

ここに来ると、
アフリカが貧しいというのは嘘だと思う。
アフリカが貧しいわけではなく、
貧しいアフリカ人が多いのだ。
平均的日本人よりもっと豊かなアフリカ人だって、
この街にはたくさんいる。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-07-11 16:11 | Kenya