カテゴリ:Lebanon( 3 )

 

そして今夜もマクロフで

一晩中語っても飽きない旅人に出会うことがある。

ベイルート、午後8時。同宿の3人と、近くにあるマクロフの店へ食事に行く。

仕事をやめて旅に出てきた27歳の韓国人、ドゥーヤン。ノルウェーの大学で経済を学んでいる薬中気味の24歳スウェーデン人、アンドレアス。ニューヨーク生まれながらアメリカ嫌いで、中東に15年も住んでいるアメリカ人ジャーナリスト(推定45歳)、ジブリル。


宿から徒歩1分のマクロフの店には、サンドウィッチなどの軽食のほかに、ジュースやアルコール類が置いてある。軽食屋兼商店、そしてTalal's New Hotel に泊まる旅人の溜まり場。わたしはジュースを、あとの3人はジンの大瓶とセブンアップを手にして、店のテーブルに席を下ろす。そしてわたしたちはとりとめもない話を始める。

e0040591_2102527.jpg


旅のこと、自分の国での生活のこと、中東情勢、わたしが出遭った露出狂の話・・・。(アンドレアスは「そんなちっちゃいの、これまで見たことないわ!って言って、蹴り上げてやればいいんだよ」と言った)。果てはこの4人で国を作ったらどんな国にしたいか、自分は何のポジションに就きたいかといった話まで、いくら話しても話題は尽きない。


アンドレアスが、店の膨大なカセットテープのコレクションの中から、”ホテル・カリフォルニア”と書かれた一本を取り出して、デッキにかける。「アメリカは嫌いだけど、この曲はいいだろう?」と言って。
創業1960年のこの店の主人マクロフは、入れ替わり立ち代りにやってくる夜間警護中の軍人の注文をさばくのに忙しい。そのうちの幾人かは笑顔で挨拶をしてくる。ドゥーヤンたちはすっかり彼らと顔なじみのようだ。

e0040591_2202411.jpg


アメリカ嫌いのジブリルが、いかにもアメリカ人といったオーバーリアクションで話し始める。

「先日の核協議の日本は最高だったね!とにかくずっと沈黙を守っていた。ほかの国の奴らときたら、どこの国はどれだけ核を持ってもいいだの、だからうちの国にも核保有を認めてくれだの、喋りまくってさ。これはそもそも協議できる問題か!?核の保有なんで駄目に決まってるのにって俺は思っていた。そうしたら、唯一の被爆国である日本は、ただ静かに黙っていたんだ。沈黙を以ってして、”お前らは全員馬鹿か?”と言っているようだったよ。全くもって正しいやり方だね。あんな奴らと話す必要なんてない」と言った。

「それは、どうだろう?日本人はNoと言ったり、発言するのが苦手だから。それに、自分の発言にかかる責任も避けたかったんじゃないかな?」とわたしが言うと、「そうかもしれないけど、あの時はあれで良かったんだよ。日本人は俺の気持ちが分かってくれてるって思ったね。」とジブリルは言った。


言葉も文化も性別も価値観も、なにもかも違う4人がこうして集まって、お互いに言いたいことをはっきり言い合える。それは、いずれ別れて自分の国へ帰っていく旅人同士だからできること?
民族と宗教の問題が複雑に絡み合ったレバノンの人たちは、こんな風に自由な関係にはなれないんだろうか?だとしたらそれは、本当に悲しくて寂しいことだ。

e0040591_2261292.jpg
[PR]

by tomokoy77 | 2006-12-07 23:04 | Lebanon  

ベイルート 余談

ついに来るべき時が来た。・・・痴漢だ。正しくは露出狂と書くべきか。中東では痴漢に遭ったっていう女の子にたくさん会ったなあ。自分だけ無傷というわけにはいかなかったようで。


ベールートの街の西端に、”鳩の岩”と呼ばれる海に浮かんだ奇岩がある。それを見に行ったときのことだった。はじめ湾岸通りからそれを眺めていたのだが、手前の崖の植物が邪魔だったので、鳩の岩を横から眺められる位置にあった岬へと降りていったときのこと。

岬からの眺めを堪能して、湾岸通りに戻ろうとしたとき、そこへ続く細い一本道から、ひとりのおっさんが降りてくるのが見えた。その一本道は人とすれ違えないくらい狭かったので、わたしはおっさんが降りてくるのを待った。

が。

こっちへ向かってくるおっさんが、突然自分のズボンのジッパーを開けたかと思うと、中から、その・・・それを出して、ぶらぶらさせながら近付いてくるではないか。・・・はあ!? と思った。おっさんはそのままの状態でニコニコこちらへ近づいてくる。時刻は午後3時半。あたりはまだ十分に明るい。しかし、いかんせんひと気がないので、ちょっと怖かった。

e0040591_1575677.jpg


「へーループー!!!」と叫んでみるが、誰の返事もない。いよいよおっさんがわたしのすぐ近くまでやってきたとき、おっさんの後ろから若いカップルが降りてきた。すかさず、「ポリスを呼んでくれ!!!」とカップルに言う。突然のことでうろたえるカップル。「いいから早くポリスを呼んで!」とわたし。観衆を得たことで強気になり、わたしは自らおっさんに近づいていった。そして、「ざけんなよっ!さっさとこっちへ来い!警察に突き出してやるっ」と言って、おっさんを引きずって表通りへ登ろうとする。

ポリスと聞いて逃げようとするおっさん。
般若の形相でキレるわたし。
何がなんだか分からないといった感じのカップル。

と、騒ぎを聞きつけた人が何人か降りてきてくれた。「何があった?」と聞かれ、「こいつが自分のズボンのジッパーを空けてさー・・・」と説明すると、「それだけか?触られなかったのか?」と質問される。「触られなかった。触られる前に人が来た。」というと、「じゃあ許してやれ。ハラース(終わり)だ。」と言う。

あからさまに安堵の表情を浮かべる露出狂。ここで許してはならない。触られなかったらそれでいいと思うのは、男の考えだ。こっちは見たくもないものを見せられて気分が悪いんだよっ。


よく日本人の女の子からどこそこの国で痴漢に遭ったという話を聞くとき、「それで、どうしたの?」と尋ねると、たいていの女の子は「何もできなかった」と言う。だから、駄目なんだ。黙って泣き寝入りしてしまうと知ったあいつらは、調子に乗って同じことを繰り返す。
選んだ相手が悪かったと思って、今回のおっさんには、二度とこんなことをしないよう、深く反省してもらう必要がある。

e0040591_1592366.jpg


ポリスポリス!と叫び続けるわたしを見てびびったか、おっさんは金を払うと言い出した。「金がほしいんじゃない。お前をム所にぶち込みたいんだよっ。」と言って、おっさんの脛にローキックをお見舞いしてやった。おっさんの受けたダメージより、私の受けたダメージのほうが大きかったようだが。

周りの人は「ハラース、ハラース」と言って頼りにならないので、「こいつから目を離さないでくれ」と言って、わたしだけ表通りへ登り、そのへんにいたおじさんたちに事情を話すと、そのうちの一人が携帯を取り出し、112(日本の110)に電話をしてくれた。5分としないうちに、ウーウーとサイレンを鳴らしたパトカーがやってきた。英語の分からない警官に、まわりのおじさんたちが事情を説明してくれる。

「え?見せられただけ?」みたいな反応を示す警官。まあ、確かに、見せられただけなんだけどね・・・。そして警官と一緒に露出狂のおっさんを捕らえに行く。が、おっさんがいない。身柄確保を依頼した人もいない。なんだっつーの。

e0040591_205699.jpg


結局、警官の持っていた携帯で警察官長みたいな人と話し、彼におっさんの人相や特徴を伝え、なぜか彼に電話越しに平謝りされて終了。

今まで各国(バングラデシュ、パキスタン等)で数名の痴漢を闇に葬り去ったが(大半はただ単にとっ捕まえて、民衆の前で恥をかかせてやっただけだったが)、今回は逃げられてしまった。まあでもあれだけ言ってやれば、しばらくは同じことをしようと思わないだろう。

女の子たち、泣き寝入りは駄目ですよー。
[PR]

by tomokoy77 | 2006-12-07 22:03 | Lebanon  

ベイルート

※はじめに。
ベイルートというと、イスラエルによるレバノン侵攻を思い起こして心配する人がいるかもしれないけど(特にお母さん!)、現地で安全を確認した上で訪れています。自分の目で見たものをちゃんと知ってもらいたいので事実をありのまま書きますが、イラクとは違います。どうかあんまり心配しないでください。


レバノンの首都、ベイルートに着いた。街全体が洗練されていて、旧宗主国フランスの面影があちこちに残っている。アラビア語とフランス語の2ヶ国語を話す人も多い。

e0040591_058875.jpg

ベイルートに着いた日、ホテルで会った韓国人の男の子にレバノンの情報をたくさんもらった。彼はレバノンにもう20日も滞在している。バールベック、レバノン杉など、世界遺産もいくつかあるが、レバノンは岐阜県ほどの大きさしかない、地中海に面した小さな国だ。
「20日も何していたの?」と聞くと、「あちこち観光したよ。あとは、ジャーナリストと話したり、いろいろ考えたり・・・」と言う。そう、ここは色々考えてしまう国なのだ。

e0040591_113896.jpg

レバノンはイスラエルと対立している。でもわたしが知っていたのはその事実だけで、なぜそんなことになったか、わたしの知識はあまりに貧弱だった。韓国人の彼はわたしの知識の薄さを馬鹿にすることもなく、この国の問題を丁寧に説明してくれた。

その問題を、ここに要約して書くのは難しい。ただひとついえるのは、この国の抱える問題は、ただ単にレバノンVSイスラエルという戦いだけではないということ。宗教と民族が絡み合った複雑な内部問題も同時に存在している。

レバノンには30%のクリスチャンと、70%のムスリムが住む。クリスチャンは3つの主要宗派に、ムスリムも3つの主要宗派に分けられ、それぞれの宗派が複雑に関係しあって摩擦を引き起こしており、問題はクリスチャンVSムスリムという単純な構図でもない。

e0040591_045636.jpge0040591_0463968.jpg

ベールートの街は、真っ青な地中海を囲むようにしてある。まずはホテルのあるダウンタウンからグランドモスクへ向かう。
1ブロックごとにATMがあり、アルマーニがありフェラガモがありマックスマーラがあり、そういう、東京で言えば青山みたいな通りに、戦車と、ライフルを持った軍人がいる。

それはとても奇妙な光景だ。一見するところ、町並みはヨーロッパのどこかの首都のよう。それも、高級店ばかりが軒を連ねる表通りだ。ホームレスみたいな格好の(周囲の人と比較するとそうとしか感じられない)わたしが、入るのを躊躇ってしまうほどおしゃれなレストランがあり、ムスリムの多い国とは思えないほどのビールやワインを取り揃えた店がある。

e0040591_0403731.jpge0040591_0415417.jpg

そこに・・・なぜ軍人が?戦車まで?答えは、グランドモスクの裏通りの広場へ行って分かった。そこにはたくさんのテントが建ち、中で生活している人たちがいた。あちこちにレバノン国旗が掲げられている。聞けば、首相に対するデモンストレーションらしい。

e0040591_043897.jpg

バリケードの向こうのものものしい軍人をよそに、テント村の雰囲気はとてもリラックスしている。おしゃれな若い子達が、グループデートでもしているみたいな雰囲気で、シーシャ(水タバコ)をふかしながら楽しそうに喋っている。ベビーカーを押した家族がいて、犬の散歩をする人がいる。

e0040591_0435926.jpg

けれど、ここが青山と違うのは、彼らのうちの多くが、レバノン国旗をスカーフのように体に巻きつけていたり、小さな国旗を手に持って歩いていることだ。

テント村を抜けて西へ進むと、道中バリケードによって封鎖された通りがたくさんあった。ごみひとつない、とても美しい通りなのに、店の大半がシャッターを下ろしている。ホテルの人に聞いたが、今月1日のデモ開始から、ずっとこの状態なんだという。

e0040591_0542637.jpge0040591_0545897.jpg

そこからハムラ地区へ向かう。
街の目抜き通りであるハムラ通りには、スターバックスやかわいい服を売る店が並ぶ。東京となんら変わりない町並みなのだけれど、新しく建てられた建物の裏に隠れるように、古い建物が残っていて、それらの建物のほとんどすべてに弾痕が残っていた。
中でも、インターコンチネンタルホテル・フェニキアの横に建つビルのそれはひどい。廃墟となった建物のひとつを、壊れた窓の外から覗いてみると、中には木っ端微塵になった洗面所のシンクらしきものが残されていた。

壊されても、壊されても、立ち直り続ける意思を示すかのように、街のあちこちで、巨大なビルが建設されていた。建設現場の外には、ドゥバイを思い出すような完成予想図が描かれている。

e0040591_050960.jpge0040591_051885.jpg

民族の対立、宗教の対立。日本に住んでいたらぴんとこなかったこれらの問題に、ベイルートで少し触れることができた。日本でも時折ニュースで目にすることがあるだろうレバノンの抱える問題。それは決して昔の話ではなく、遠い国の出来事でもない。


※下の写真は、生中継で演説するイスラム教シーア派組織ヒズボラの指導者ナスララ氏(TV内)と、その様子を広場に設置された大スクリーンで見ている数千人のデモ市民。親シリア派である彼らヒズボラは、スンニ派で反シリア派の現首相スオニラ氏の打倒を目指し、各地でデモを行っている。
海外のメディアの多くが、ヒズボラをテロリストの一派であるかのように報道しているが、それは現レバノン首相がアメリカと親密な関係であるためだと、現地で会ったアメリカ人ジャーナリストは言っていた。彼はヒズボラの本拠地も訪れ、「ヒズボラはレバノンの自立と平和を願っていると感じた」と話している。
 
e0040591_105636.jpge0040591_0582881.jpg

[PR]

by tomokoy77 | 2006-12-07 02:26 | Lebanon