カテゴリ:Nepal( 2 )

 

帰国

e0040591_229196.jpg


4月25日、デリーから帰国することになりました。

今はインド北西部、ラジャスターン州にいます。インドは暑期に入り、砂漠に囲まれたラジャスターンの日中の気温は40度。外を歩くと、焼けるというより皮膚が焦げて煙が出そうです。

街中はゴミと人と車だらけ。名所の白いお城は落書きだらけ。駅のホームを疾走するバイク。5時間遅れの列車。牛牛牛、犬犬犬、山羊、猫、猿、牛牛牛。中華料理はマサラ味。暑さにも黙殺にも負けず、3分おきに声を掛けてくるリクシャワーラー。虚偽、詐欺、演技の商店店主。ナンパ、冷やかし、チンチョン。流れないトイレ、詰まる排水溝、周らない扇風機、挙句の果ての停電。 ああ、インドだなあ、愛しいなあ、と思いながら旅をしています。

写真はネパール。2月末から3月にかけ、ソルクーンブ地方を16日間トレッキングしたときのもの。標高5550mのカラパタールから見たエベレスト(真ん中の黒い山)です。エベレストというのは18世紀についた名前なんですね。イギリス領インドが、ヒマラヤの山々を調査した際、エベレストにはK15という名前がつけられ、その後、この山が世界一高いと分かり、その時の総督(イギリス人)の名前を付けてエベレストと呼ばれるようになったそうで。古くから、チベット側はチョモランマ、ネパール側はサガルマータと呼んでいます。

先日、ネパールで交換してもらった本、さだまさしの書いた「解夏」という小説を読みました。旅が終わる寂しさも、日本に戻るに当たっての漠然とした不安も、帰国と同時に終わるんだなあと思いました。4月25日がわたしにとっての”解夏”です。
それでは、近々、日本で。
[PR]

by tomokoy77 | 2007-04-10 22:06 | Nepal  

帰る日

すっかりブログが停滞している。

ダージリンの後、バラナシでシヴァの誕生日であるシヴァラートリーというお祭りを迎え、
それからネパールの首都カトマンズに来た。
カトマンズからは、エベレストを臨むことのできるソルクンブー地方へ、
16日間のトレッキングに行っていた。

11年ぶりのバラナシは楽しかった。犬がたくさんいる街で、顔なじみの犬友達もできた。
犬は最高だ。犬はなんにも言わない。
トレッキングは幸せだった。毎日毎日、山を眺めてひたすら歩く。余分なものが落ちて行く。
山は最高だ。山はなんにも言わない。


桜が咲く頃には帰りますと、数ヶ月前宣言してしまったら、
暖冬のためか、今年の桜は早いらしい。
3/23が東京の開花予想日だよと、友達がメールで知らせてくれた。
2年前の4月15日に日本を出たときは、出国のわずか1週間前が見ごろだったのに。

今日は、もう22日。予想の通りなら、明日の東京は桜が満開か。
帰国の日を一日延ばしにしていたら、間に合わなくなってしまった。
日本の桜の季節は、どの国のどんな季節より美しいと思う。


旅を始めることを決めるより、旅を終えることを決めるのはずっと難しい。
[PR]

by tomokoy77 | 2007-03-22 19:12 | Nepal