カテゴリ:Nicaragua( 1 )

 

危険な街

エルサルバドルからホンジュラスを通過し、ニカラグアの首都マナグアに着いた。
1日で2つ国境を越えるのは初めてだ。

マナグアの町はずいぶん閑散としている。
土曜だからかな?と思いつつ安宿に向かうと、そこに日本人の男の子がいた。

「こんにちは。」
「こんにちは。あの、言わなきゃいけないことがあるんですよ!!」
「・・・なんでしょう?」

部屋に荷物を置いて、再び廊下に出ると彼が言った。
「ここからすぐの路上でナイフ強盗が出たんです。2日間で3人やられました。
僕もパスポートを盗られて・・・・・うっ。」

現場は宿から100mと離れていない路上。
事件発生時刻は、いずれもまだ明るい時間帯だったという。

唯一安全な道を知ってるという彼と一緒に、近くの商店まで水を買いに行く。
水を買うことすら命がけなんて。
宿から歩いて5分ほどの商店は、鉄格子で囲われている。
水とアイスクリームを買うと、レジのお姉ちゃんは
「Gracias. ありがとう。」の代わりに、「Cuidad. 気をつけて。」と言った。
はい。気をつけます。お姉ちゃんも、どうか、気をつけて。

安全な国って、ただそれだけで素晴らしい。
[PR]

by tomokoy77 | 2005-08-13 05:17 | Nicaragua