牛と猿と果物店主

e0040591_16583639.jpg「南インドでどこが良かった?」と聞くと、「ハンピ」と答える旅行者に、これまでたくさん会った。中には「この世の風景じゃないみたい」と言う人までいて、期待が大きすぎたのかもしれないが、2日間の遺跡めぐりを終えての感想といえば、村の周囲に打ち捨てられたように残る建造物は、盛者必衰的な趣があって、なるほど遺跡好きにはたまらない場所かもしれないが、そうじゃない人にとってみれば、目立って面白いものがある場所ではない。

田舎の風情といくらかの自然が残っているとはいえ、村はもう十分に観光開発されており、長逗留しようとも思わない。巨石の転がる風景は確かに不思議だが、この世のものではないと思うほどでもない。


e0040591_16584669.jpg石窟だの巨大寺院だの緻密なレリーフだのといったものよりも、わたしはそこに住む生き物を見ているほうがずっと面白い。例えそれが見慣れた動物であっても。

この村には牛と猿が多い。どちらもヒンドゥーの世界では神様だが、路上の果物売りにとってはどちらもやっかいな存在のようだ。
店主は長い棒を手に、地上から突進してくる牛と、屋根づたいに飛んでくる猿とを常に警戒し、どちらがやってきても容赦なく棒で追い払う。
牛はその巨体を生かし、猿は知恵を生かして攻撃に出る。店主たちには悪いが、その攻防戦は遺跡見学よりずっと興味深く、見飽きることが無かった。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-11 16:58 | India  

ハンピ

e0040591_16573226.jpgその昔、14世紀から16世紀にかけて南インド全域を支配していたヴィジャヤナガル王国の都、ハンピに来た。

現在は椰子とバナナの林の間に巨石がごろごろ転がる不思議な風景の小さな村だが、村の周囲26k㎡には王国時代の遺跡が40以上残されている。

観光の拠点となるハンピ村には、商店やレストランの並ぶ500mほどの目抜き通りと、高さ50mの白い塔門を持つヴィルパークシャ寺院以外に目立ったものはない。


e0040591_16574547.jpg2日かけて遺跡めぐりをした。村の裏手にあるマタンガ山から眺めた、川と岩山と景色はきれいだったが、例によって遺跡には興味が無い。中でもここは、巨大・立体・石造と、私の苦手な遺跡の条件が3つとも揃っている。

遺跡めぐりはつまらなかったが、椰子とバナナの木に囲まれた散歩道はいいものだ。その町の名所に興味が持て無くったって、大丈夫、楽しみ方はいくらでもあるもの。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-10 16:51 | India  

右手のにおい

e0040591_16465497.jpg南インドへ来て以来、毎日一食か二食ずつ食べ続けているミールス(カレー定食)。外国人だからとスプーンを出してくれる店もあるが、ほとんどの場合右手で食べてきた。
と、最近自分の右手と左手のにおいが違うことに気づいた。食後、石鹸で手を洗っているにも関わらず、どうも右手がカレー臭い。
わずか20日間でこれだから、何十年とこうしてカレーを食べ続けてきたインド人の右手は、どんなにおいがするものか。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-08 16:46 | India  

ダンスフェスティバル

e0040591_16273178.jpg毎年年末から1月末にかけてマハーバリプラムで催されるダンスフェスティバルを見に行った。

午後6時、アルジュナの苦行と呼ばれるレリーフの前に設けられた会場へ向かう。本日踊られるのは、4000年の歴史を持つインド4大古典舞踏の中でも最古の歴史を誇るバラタナーティヤムという踊り。ここタミルナードゥ州を発祥地とし、太鼓・笛・バイオリン・ベルによる音楽と歌に合わせ、主に一人の女性によって踊られる。

両足首にたくさんの鈴をつけた踊り子は、まず舞台端に置かれた踊るシヴァ像に祈りをささげ、それからゆっくりと踊り始めた。


e0040591_16274311.jpgひざを曲げ、腰を落とし、両足で床を踏み鳴らすようにしてリズムを取り、舞台上をダイナミックに飛び回ったかと思えば、手話で何かを語りかけるようになめらかに踊る。
”ムードラ”と呼ばれるこの手指の動きが、この舞踏においてとても重要なものらしい。また、身体の動きに合わせて、表情も逐一変化する。目をぎょろっと見開き、喜怒哀楽を表情で表現する。同じヒンドゥー文化を持つインドネシアのバリ島で見たレゴンダンスと、目の使い方がよく似ている。

今は廃止されたカースト制度において、踊り子は祭祀を司る最高位のバラモンに属していたそうだ。というのも、インドにおいて舞踏は楽しみにためではなく、神との交流の手段のひとつであったためらしい。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-07 16:26 | India  

マハーバリプラム

e0040591_1642977.jpg インド4大都市のひとつチェンナイから、南へ海沿いに60km下ったところにあるマハーバリプラムに来た。ベンガル湾に面したリゾート地である一方、世界遺産に登録された数々の遺跡を有する小さな町だ。

海沿いには、7世紀後半に建てられた海岸寺院がある。以前は同じような寺院が7つもあったそうだが、1400年以上も風邪と波にさらされ、いまや残っているのはこの寺だけになってしまった。ふたつ並んだ小さな寺には、各々シヴァ神とヴィシュヌ神が祀られている。


e0040591_1644381.jpgインド人観光客も多く、海岸寺院脇の砂浜には輪投げ屋や射的屋が出ており、そこから町へむかう参道には、貝で作った土産物を売る店や、マサラをまぶした魚を揚げて食べさせる店が軒を連ねている。
そのうちのひとつ、アジやイワシにまじって、太刀魚の揚げ物を売る店があった。身がふっくらしていて、揚げたてはとても美味しい。


e0040591_1645690.jpg海岸から500mほど町へ戻ると、南北1kmにわたる大きな岩山がある。この山のあちこちに古い彫刻や石窟が残っていて、こちらは海から離れているため保存状態もよく美しい。
中でもアルジュナの苦行と呼ばれる、幅29m高さ13mの岩壁に彫られた彫刻はマハーバーラタを題材にした巨大なもの。この象の大きさは実物大というから、この彫刻がどれほど大きなものか分かる。


e0040591_1651062.jpg岩山の周りは芝で囲まれ、公園のようになっており、インド人家族が集っている。その一角にクリシュナのバターボールと呼ばれる巨石がある。下り坂の途中で止まってしまったような不思議な岩だ。その昔象で動かしてみようと試みた人がいたそうだが、押しても引いてもびくともしなかったという。

岩山の小高いところに上ると、マハーバリプラムの町や、遠くの川、辺りを埋め尽くす椰子の木畑が見渡せ、沈む夕日がとても美しかった。

[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-06 16:02 | India  

ミーナークシ寺院

e0040591_15394098.jpgインドの南端を、ケララ州と二分し、最南端の町カニャクマリや、インド4大都市のひとつチェンナイを有するタミルナードゥ州。そのほぼ真ん中にある、マドゥライという町を訪れた。
この町のシンボルとなっているのは、ミーナークシ寺院。東西南北に4つのゴープラム(塔門)を持ち、16世紀にほぼ完成した歴史を持つ、ドラヴィダ様式の巨大なヒンドゥー寺院だ。最も大きな南のゴープラムは高さ60m。壁面は極彩色の神々や怪物、動物の像でびっしり覆われており、これらの像の数は4つのゴープラムを合わせると3300体にものぼるという。その迫力と派手さは、圧巻のひと言。


e0040591_1540483.jpg寺の規則に従って靴を脱ぎ裸足になって、正門に当たる東門から中へ入ると、境内に象がいた。バナナや小銭を差し出すと、それを鼻先で器用に受け取り、参拝者の頭をなでて祝福してくれる。インド人に倣ってわたしも1ルピーコインを渡すと、その長い鼻でわたしの頭を小突くように撫でてくれた。
象は、渡されたものがバナナならその場で丸ごと食べ、コインならば鼻の穴にいくつか溜めた上で象使いに渡す。何とも、賢い。


e0040591_15404537.jpgミナークシというのは「魚の目を持つ女神」を意味する。元はドラヴィダ民族土着の女神だったが、ヒンドゥー勢力が北インドから南インドへ拡大してきた折に、ヒンドゥー教の主神であるシヴァと結婚させられ、現在はパールヴァティー(シヴァの妻)として祀られている。
女神にはもともとアリャハルという夫がいたのだが、女神がシヴァと結婚してしまったため、アリャハルはミーナークシの兄に格下げされ、今はヴィシュヌ神(シヴァと並ぶヒンドゥー教の2台神格)として、別の寺に祀られている。
神様といえども離婚したり、前夫が自分の兄になったり、この辺の人間臭さや意味不明さがインドらしい。


e0040591_15414582.jpg寺院内にはミーナークシ神殿とスンダレーシュワラ神殿というふたつの神殿があり、神殿内は異教徒の立ち入りが禁止されている。1日1万人ともいわれる参拝者が次々訪れ、神殿の前には長い行列ができている。神殿の外にはこれらの参拝者を目当てにした土産物屋がずらりと並び、電飾で光るシヴァ像などの神ざまグッズを、せっせと売っている。
境内で黒づくめの衣装に身を包んだ一団に出逢った。シヴァ派の巡礼者だ。他にも、黄色づくめや白づくめの集団がおり、いずれもバスを貸切り、あるいは列車で移動しながら、聖地巡礼の旅を続けている。


e0040591_1541568.jpg一度宿へ戻ってから、午後9時、再び寺院を訪れた。毎夜行われるクロージングセレモニーを見るためだ。
午後9時半、サックスのような音を出す長い笛と、太鼓による演奏が始まり、シヴァを祀ったスンダレーシュワラ寺院から、銀の神輿が担がれてきた。上半身裸の司祭たちによって、それはパールヴァティーの待つミーナークシ神殿へと運ばれていく。シヴァが妻の元へ戻る儀式のようだ。
我先にと神輿に触れる参拝者。ろうそくの明かり。延々と同じ調子で繰り返される音楽。
午前6時から参拝者たちの幾万という願いを聞き続けてきた神々の一日がこうして終わる。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-05 16:04 | India  

コヴァラムを去る

e0040591_2322766.jpgなんだかんだで2週間も滞在してしまったコヴァラムビーチを去る日がやって来た。

町は静かで、海はきれいで、海岸から離れると椰子の木の林に囲まれた散歩道があって、とてもいい所だった。

行きつけのレストランOcean Viewと、ここでできたたくさんの友だちに感謝。なかでも、5歳と2歳の二組の兄弟。日本の子どもと遊ぶのは久しぶりで、本当に楽しかった。一緒に遊んでくれてありがとう!また会おうね。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-04 23:20 | India  

猫の家

e0040591_23145556.jpgコヴァラムでお世話になった宿"Winter Home"には、2匹の犬と15匹の猫がいる。
オーナーのおばちゃんは彼らをわが子のように愛していて、15匹もいる猫のひとうひとつに名前をつけて可愛がっているが、どの名前も長すぎてわたしには覚えられず、縞ちゃんだの黒ちゃんだの、勝手に名づけて呼んでいる。

実家にも4匹の猫がいる。そのうちの1匹はわたしが旅に出ている間に拾われてきた子で、だからまだ面識がない。空(くう)という名前らしい。どんな猫だろう。とても楽しみ。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-03 23:09 | India  

新年会 in Kovalam beach

e0040591_2324365.jpgクリスマスパーティーに続き、新年会を開催。集まったのは子ども4人を含む総勢20名。今回も各自が一品づつ料理を持ち寄って、盛大な宴が催された。
写真は、三重県で海女として働いているTさんが、コヴァラムの海に潜って獲ってきてくれたムール貝とウニ!旨かった。
みんな、引き続き、インドで良い旅を。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-02 23:08 | India  

元旦のカニャクマリ

e0040591_22423727.jpg初日の出の後、インド最南端のガートから海に飛び込んで沐浴する人。


e0040591_22435737.jpg人、人、人。人多すぎ。
[PR]

# by tomokoy77 | 2007-01-01 23:59 | India